聖夜くんの毎日

tampopo2.exblog.jp
ブログトップ

傷ついた記憶から

今日は、アロマトリートメントのクライアントさんがいらっしゃいました。
引っ越しをされるということで、しばらく会えないのかな~~
お別れするのが名残惜しかったです。

実はわんが苦手な方でした。
見るのは大丈夫。でもさわるのはこわい。
と教えてくださいました。

聖夜くんはケージの中で待ってました。
最初、
「くーん(出して~~)」
って甘えていましたが、我慢して待てたね。

小さな頃、犬に噛まれた記憶。
とってもこわかったんでしょうね。
私も子どもの頃犬に噛まれました。
仲良く遊んでいたのですが、走り出した私を追いかけてきた犬が興奮して
ふくらはぎをガブッと!でした。
あのときは痛かったな~~。
でも、私の場合いとこのお家のわんこだったので、その後は仲直りできました。

聖夜くんのお話をさせていただきました。
どうしてこの家に来たのか・・・

そして、この子も一緒なのかもというお話。
小さい子が苦手です。
急な動きをされるとこわくてこわくて。
もしかしたら、お子さんについて嫌な記憶があるのかもしれません。

人も犬も一緒なんでしょうね・・・と。

帰り際、聖夜くんを抱っこして、お見送りさせていただきました。
どうぞお引っ越しされてもお元気で・・・。
元気になりますように・・・
また、ご縁があったら、何かで思い出したらどうぞ連絡くださいね。

最後に私に抱っこされている聖夜君の頭をちょっぴりなでてくれました。
「(助けてもらって)よかったね」って。
こわい気持ちとともに、幸せになってよかったねというわんこへのやさしい気持ちがいっぱい伝わってきました。彼女のやさしい気持ちにふれて、私の心だけでなく、きっと聖夜くんの心もきっとほわっとあたたかくなったことでしょう。
やさしい気持ちをありがとうございます。
出会ってくれてありがとうございます。


-------------------------------

ぼくね、最近、時々パパとママの寝室に行くの。
一緒に眠りたくって、パパとママの間に潜り込んじゃう。
でもお布団の中は僕暑くて息苦しくて、だいたい外に出るの。
それから後は、パパの足もと、掛け布団の上で居心地のいい場所をさがしてごろりん。
ふっかふかでここが一番気持ちいい場所だと思うな。

f0066289_10352019.jpg

[PR]
by aroma-tampopo | 2006-03-03 23:48 | 聖夜が来た頃

聖夜との小さな幸せ日記


by aroma-tampopo